助成金制度

人材開発支援助成金のご案内

人材開発支援助成金(建設労働者技能実習コース)

人材開発支援助成金(建設労働者技能実習コース)について

建設労働者の雇用の改善や職業訓練などを実施する建設事業主や建設事業主団体に対して、経費や賃金の一部が助成される制度です。

[重要なお知らせ]
【平成30年7月1日からの改正内容】
人材開発支援助成金(建設労働者技能実習コース)につきまして、平成30年10月1日以降に開始する技能実習のうち、登録教習機関、登録基幹技能者講習実施機関、職業訓練法人又は指定教育訓練実施者(以下「登録教習機関」という。)に委託して実施した場合は、計画届の届出が不要になります。

人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)

人材開発支援助成金について

人材開発支援助成金は、労働者の職業生活設計の全期間を通じて段階的かつ体系的な職業能力開発を効果的に促進するため、事業主等が雇用する労働者に対して職務に関連した専門的な知識及び技能の習得をさせるための職業訓練等を計画に沿って実施した場合に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等が助成される制度です。
助成金を活用できる事業主等や支給対象職業訓練については、さまざまな要件があります。詳しくはパンフレットをご覧ください。このほかにも、雇用関係助成金共通の要件などいくつかの受給要件がありますので、詳しくは長野労働局 職業安定部までお問い合せ下さい。受講後の証明が必要になります申請に必要な証明書類等は事業主の方から当センターにお送りください。
また、年度途中に制度の改正等ある場合がありますので詳細をこ確認ください。詳細につきましては所轄都道府県労働局の担当課にお問合せください。

長野労働局職業安定部職業対策課 TEL:026-226-0866
長野労働局職業安定部訓練室   TEL : 026-226-0862

一般教育訓練給付金制度のご案内(厚生労働大臣指定講座)

教育訓練給付は、働くひとの主体的な能力開発の取り組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図るこを目的として、労働者や離職された方が自らその費用を負担して厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し訓練を修了した場合に、受講した訓練施設に支払った経費の一部(給付率20%の上限あり)がハローワーク(公共職業安定所)から支給される制度です。
当センターにおいては、次の訓練コースが厚生労働大臣から指定を受けておりますが、支給申請期限(申請時効等)及び雇用保険被保険者期間等の条件がありますので、受講を希望される方は、あらかじめ一般教育訓練給付金制度の受給資格の有無等について所轄のハローワークにて、こ確認願います。
また、厚生労働大臣が指定する講座については、お近くのハローワーク(公共職業安定所)で閲覧できるほか、インターネットの厚生労働省ホームページでもこ覧になれます。

厚生労働省ホームページ

当センターの一般教育訓練対象コース(平成28年度実績) ※飯田会場のみ実施

訓練コース名 受講項目 講習時間 講習費用 20%の給付金額
Aコース (1)小型移動式クレーン運転技能講習
(2)玉掛け技能講習
(3)フォークリフト運転技能講習
※普通自動車を運転出来る免許を有する方
66時間 89,820円 17,964円

※受講種目を全て受講して講習を修了することが必要です。なお、受講は飯田会場のみとなっています。
※手続き及び講習日程等の詳細につきましては、当センターへお問い合わせ願います。

制度のご案内は、こちらからダウンロード
平成30年度 一般教育訓練給付制度専用日程表ダウンロード