センターからの お知らせ

「安全帯」が変わります

2018.09.03 

「安全帯」が変わります

 厚生労働省は、建設業等の高所作業において使用される「安全帯」について、以下のような改正を行うとともに、安全使用のためのガイドラインを策定しました。

◎改正等のポイント

    1.  「安全帯」の名称が「墜落制止用器具」に変更されます。
    2.  墜落制止用器具は「フルハーネス」を使用することが原則となります。
      ※高さが6.75m以下は胴ベルト(一本つり)を使用することができます。
    3.  「安全衛生教育」が必要になります。
      ※高さが2m以上でフルハーネス型のものを用いて行う作業に係る業務。

 

◎完全施行日

2022年(平成34年) 1月 2日

◎特別教育の実施

当センターでも実施予定ですが、日程等は、計画でき次第お知らせいたします。

「詳細」「リーフレット」「ガイドライン」等をご覧になりたい方はこちら

   報道発表資料 労働基準局

最新情報を知りたい方は「厚生労働省ホームページ」でご確認ください。

         厚生労働省ホームページ  

新着情報一覧へ